40代はブランド物を選べばいいのか?

 

よく中年男性向けのファッション誌を選んでると高級ブランドのスーツやカジュアル服の

コーディネートが紹介されています。アルマーニやドルガバ、グッチ、ボッテガ、

バーバリー、モンクレール、ディオールなどこれでもかというくらい出ています。

年齢も年齢なのでおしゃれするならこれくらいの価格のものを着なければいけないのかと、

二の足を踏んでいる人もいます。

しかしこんな高いブランド物は芸能人や儲かっている経営者が着ればいいのです。

一般のサラリーマンは買う必要がありません。

ノンブランドでも大人っぽく落ち着いた雰囲気でおしゃれな服が沢山あります。

品質も決して安っぽくなくロマンスグレーやちょいワルやワイルドなオヤジになれたりします。

これらの服は全身コーディネートで数万円で手に入ります。

レオンやGAINERなどのファッション雑誌を真に受けて同じ服を揃えたら、

100万以上かかってしまう場合もあるでしょう。

しかしこの不況の状態でどれだけの人が服にそんなに多額の費用をかけることができるのでしょうか?

ノンブランド品は費用対効果の面でハイブランド服を大きく上回ります。

ブランド品を付けたからといって女性の印象が良くなることはありえません。

特に若い女性はメンズのブランドはあまり詳しくないので着ていても気づかれなかったりします。

そんな悲しい結果になる可能性が高いので無理してブランドものを買わないで、

ノンブランドでコスパを追求しましょう。

債務整理福岡