生地にこだわりたい

わたしは服は綿100%のものしか着ません。それはどのアイテムでも言えるとこです。

例えば、肌着は常識ですが、ボトムス、トップス、アウター、インナー、ハット、
そしてシューズ、靴下に至るまで全て綿100%なのです。

ポリエステルなど合成生地はわたしのデリケートなお肌には合わないのです。
しっかりきれいな肌で頑張るのがわたしのやりかたです。
そして綿100%だと、お肌のコンディションもいいし、肌さわりも最高です。

それでいて通気性も抜群で春夏秋冬どんな季節のファッションにも対応できます。
シルクなんてダメですね。外来語をしようした素材は基本的に付けません。
やはり日本古来から伝わる衣服の素材はどんなものにしようかしっかり、選ばなければいけません。

素材がよければ多少デザインが劣っていても許せます。逆にいくらデザインがかっこ良くて
センスあふれる先進的な形になっていても素材がダメならそれは台無しになってしまうます。
ポリエステルが少しでも入っていたら失格になってしまうのは、確かです。

そして私のファッションの極意はそれらの綿ファッションを華麗に着こなすことです。
ある意味デザインを選ぶ上でハンデとなることはあるでしょう。しかしそんな事は全く
感じられないほどの着こなしをすることが出来るんです。

きれいめメンズ通販スタイル【モテ服の超定番】