仕事で結果を出すためのファッションセンス

男も40代になってくると仕事でも重要なポジションを任せられることになります。

課長、部長への昇進、プロジェクトリーダー、部下の育成もませられたりして、

若い人の手本とならなければなりません。

そんな時に身だしなみがだらしないと部下の尊敬を得られなくなってしまいます。

もちろん全く気にしない人もいますが、以外に上司の身だしなみは見られているものです。

着ているスーツ、靴、時計、ネクタイなど人によっては細かくチェックしていたりします。

それから営業職の場合は顧客に対しての信用に関わってくるでしょう。

特に高額取引になると安っぽい格好やだらしない格好をしていると、

商談そのものが失敗につながってしまうかもしれません。

それなので、少しっでも結果を出したいのであれば、ファッションを磨く必要があります。

もちろん仕事なので、若手サラリーマンのようなチャラチャラしたような格好もご法度です。

大人の出来るビジネスマンとして部下にも顧客にも上司にも印象付けなければなりません。

モテるためなら遊び人サラリーマン風の格好もいいのですが、信用面では著しく

落ちてしまいますので気をつけましょう。

中々スーツにお金をかけるのがキツイ人は時計やネクタイなどの小物にお金をかけると、

費用対効果はいいと思います。